【移転準備中】のブログ<営業しています>

色々うまくいかなかったので、ブログ移転します。移転完了したらお知らせします。

HSPの人がもらって嬉しいもの ~HSPの人にプレゼントを贈るときに気を付けたいこと~

f:id:twinkle-libra:20190609120744j:plain

こんにちは!1週間分の記事を日曜日に書くというスパルタっぷりです!

でも、そこしか時間が取れない(泣)

 

さて。本日のお題は「HSP(もしくはそれっぽい感じ)の人にプレゼントをあげるとき」に気を付けるべきことを書いていこうと思います。

 

 

HSPの特長

 HSPはHighly Sensitive Person(ハイリーセンシティブパーソン)といって、ざっくり説明すると「何かにつけて超敏感な人」です。人口の5人に1人はHSPと言われています。HSPの人はその敏感さゆえに、他人の言動や行動のみならず、音や香りにも異常な反応を示します。5人に1人ということは、例えば組織に30人いたとして、6人はHSPです。そう考えると多くないですか?

 

 

www.onepetitvoice.com

 


 

社会人になると、会社や組織でお土産を配ったりすることもありますよね?

 

でもそのお土産ちょっと待った!

 

「珍しいから」といって、変な形だったり匂いを発していませんか?HSPの人がそんなものをもらったら、即ゴミ箱行きです!(みんなごめん!笑)

 

ここらで誕生日やお土産、各種お祝い(結婚やら出産やら退職やら)にあげているプレゼント、一度見直してみませんか? ここからはHSPの嫌がる(当社比)プレゼント類を列挙していきたいと思います。

 

香りのきついものは不要

 HSPの特長の代表格でもある「香り」問題。最近はロフトやハンズなどで、ルームフレグランスやハンドクリームなど、気軽に購入できますよね?

 でも待ってください。あなたが使うのならOKなんですが、HSPは香りのキツイものを極端に嫌う傾向があります。それと同時に、この香りはOK(わたしだったらシトラスだけは大丈夫)という個人の基準がありますので、あなたがOKでも貰う人がOKかどうか、よく考えて選んであげてください。

 

<もらったら(捨てるかどうか)考えちゃうリスト>

 

 このなかで、ルームフレグランスは鬼門です。何せ大きな部屋を素敵な香りで満たすための商品ですから、異臭感が半端ない。しかも大きさが程々で、プレゼントに適している単価。私個人としては、本当に申し訳ないですが、ルームフレグランスをもらったら即ゴミ箱行きです(笑)

 ちなみに、前職でタイの方と仲良くさせていただいていましたが、タイでは石鹸やボディクリームなんかがお土産としてよく売り出されているんですよね。私も何度かお客さんからいただいたのですが、そのまま同僚にあげたり、一度も使わずにディスプレイされています…(笑)

 LUSHはお店にも入りたくないレベルなので論外です(笑)LUSHで働いているひと、ごめんなさいね。でも私はあのお店に入ると頭痛がするので一生入ることはないと思います_(._.)_

 

めんどくさいでしょ?でも体質だから仕方がないんです(笑)

 

解決策
  1. 「無臭(もしくは微香)のハンドクリームや石鹸」が無難。できるだけ使い切るのが早そうな、容量の少ないものを選んであげてください。ロクシタンのシアバターハンドクリームか、極端な話ユースキンでもいいよって思います。

  2. あとは「無香空間」とかいいかも!(笑)

 

 

www.onepetitvoice.com

 

 以前、マルタのお土産で石鹸を購入しましたが、あれは「私がOKだったら大体の人がOK」という基準で購入しています。ほのかな香りであれば大丈夫です。

 

www.onepetitvoice.com

 

形に残らず、消費できるものがよい

 これはHSPじゃない人も当てはまるかもしれませんが、形に残らないものの方が良いです。例えば置き物や人形、服などです。あとはぬいぐるみとか、マスコットとか。HSPの人は敏感なので、貰ったものから「プレゼントをくれた人や風景(もらった場所や状況)」を思い出してしまいます。

 最初は好きでも、後々嫌な人や風景に変わるかもしれません。ぜひ消費できるようなお菓子や生活雑貨にしましょう。

 

<もらったら(捨てるかどうか)考えちゃうリスト>

  • 置き物(フランス人形とか、セラミックの焼き物)
  • ぬいぐるみ
  • キーホルダーやマスコット
  • 服や靴

 

 先日、マルタへ留学した時に同じクラスのブラジル人の女の子が「セラミックの焼き物」を集めるのが好きと言っていました。そういうの集めているんだったらいいですけど、ぶっちゃけ集めてなかったら不要なインテリアですからね(笑)

 あと私はぬいぐるみ好きなんですが、貰うと気軽に捨てられない(可哀そうって思っちゃう)ので、控えていただけると助かります。。。

 

解決策
  1. 無難なものは日持ちのする焼き菓子です。一人暮らしの方は消費しきれないと思いますが、たとえば家族4人で生活している方にはお菓子をプレゼントして、ご家庭で食べていただくのが一番です。ちなみに、私のように生クリームダメな人もいますので、そのあたりは考えてあげてください。

  2. 香りのきつくない花束なんかは喜びます。

 

 

高価なものは気を使うからいらない

 プレゼントにお皿(ル・クルーゼとか)や万年筆なんかをくださる方がいて、お気遣い頂き大変ありがたいのですが、高価すぎて使いにくいからぜひ贈るのを止めていただきたいです。

 これも上の理由と同じですが、贈り物をもらうと、その方の想いも入ってくるんですよね。使わずに置いておくと、なんだか居た堪れない気持ちになってくるので、ぜひともプレゼントは安価なものでお願いします。安物だから嫌!とかそんなのはないんです。逆に効果だと申し訳ない気持ちになるのです…。

 

<もらったらちょっと困るリスト>

  • ルクルーゼのような高価なお皿
  • 万年筆などの高価な文房具
  • お財布
  • ネックレスなどのアクセサリー

 

解決策
  1. ぜひ高価なものは贈るのを控えていただきたいのですが、どうしても必要な場合は、カタログをお渡しするのはいかがでしょうか?最近はお祝いの返しでカタログをもらうことが増えました。カタログだったら、自分の好きなものをチョイスできますので、カタログをお渡しするのはアリだと思います。

  2. あと形に残ってでも比較的うれしいのはだったりします。

  3. その他はハンカチですね。ハンカチやタオルは消耗品なので重宝します。
 

 

海外の変なお土産はいらない

 最近は海外旅行や出張に行く方が増えてきており、お土産をいただく機会が増えてきました。ヨーロッパや北米のお菓子はただ甘いものが多く、美味しさを度外視すれば食べられるものが多いでしょう。

 しかしアジア圏、特に中国やタイのお土産はなかなか強烈な味と香りのものが多いです。昔、タイのお土産を沢山いただきましたが、ドリアン風味のチップスが噛めば噛むほど油臭い製造工程の味がして、皆で違和感を感じていたことを覚えています。

 あと中国のお土産は何をチョイスしても大体変な味がしますので、中国土産は買わなくてもOKですよ(笑)これも昔の話ですが、パンダの形のチョコレートは噛んだら蝋燭を噛んでいるような気分になりました(笑)

 

解決策
もし購入を検討されるのであれば、無難なチョコレート菓子やウエハースなどにしておきましょう。

 

 

まとめ

 もしHSPの人にプレゼントする必要がある場合は、以下のような基準で選んであげてください。

  • 香りものは出来るだけ避けましょう。(これが一番嫌なんです)
  • 食品やお花、日用品などの消費できるものを出来るだけ選びましょう。
  • 高価なものは不要。気持ちだけで十分です。
  • 海外の変なお土産は不要。話題性とか映えとかいらないです。

 

 あくまでもお祝いやお土産の場合です。パートナーや親しい友人・家族の場合は、これに限らず選んであげてもOK。ただし親しいのであれば、できるだけ本人に事前に確認してあげましょう。参考になれば幸いです。