One Little Voice

Your voice makes us happy!

マルタ留学④ ~学校チョイスとオリエンテーション~【30代女子の挑戦】 【サンジュリアン】

こんにちは、cocoです。

気が付けばもう留学についての記事が4回目になります。今までの記事はあんまり留学の話に踏み込んでなかったのですが、そろそろ本題に入りましょう。①~③は以下から飛んでください!

 

twinkle-libra.hatenablog.com

twinkle-libra.hatenablog.com

 

twinkle-libra.hatenablog.com

 

 

 

f:id:twinkle-libra:20190209154007j:plain

 

今回行った学校

 今回、留学エージェント(例:留学ジャーナル 等)を通して参加してきました。入学手続きはエージェントがしてくれましたので、詳細はわかりません。ただ、どんな学校だったかはお伝えできますので、よければ参考にしてください。

 

今回は ESE (Europian school of English)という学校にお世話になりました。マルタの東側にあるセントジュリアンという比較的栄えている町の中にあります。ESEの近くには留学大手のEFecもありました。

 Learn English with ESE Language School in Malta

 

学校選びについて

 先ほども記載したように、マルタは語学学校が多くひしめいています。セントジュリアン(現地読み:サンジュリアン)にも学校が多いですし、スリーマという繁華街にも学校が多くあります。個人的には買い物に不便のない地域がよかったので、セントジュリアンをチョイスしました。学校の近くにはたくさんスーパーがありました。コンビニのようなものはありませんが、小規模の商店は町の中に多くありました。

 

 もう一つ重要なのが1クラスの人数です。EFやecといった大手は入学者数もなかり多く1クラスの人数が多ければ15人程度ESEは最大でも12名程度と比較的小規模クラス編成でした。私は友達作りのヘタクソな内向的な人間ですので、クラスの人数は少ない方がよかったので、こちらを選択しました。人数が多いと発言できない、緊張するという方は、大手ではない比較的小さな学校を選びましょう!

 

入学から授業開始まで

 留学1週間ほど前までにクラス分けのオンラインテストを受検します。オンライン試験を受験しなかった方は、入学初日の朝に学校に行ってその場で試験を受けることができます。朝バタバタしたくない人は、事前にオンラインテストを受けておく方がよいと思います。

 入学初日はどこの学校も大体、月曜日です。私はオンラインテストを事前に受験していましたので、朝8:15ごろに登校し5分ほどの面談を受けました。「仕事は?趣味は?英語を学んでどうするの?」と英語で聞かれます。わたしは英会話に2年ほど通っていますので、さほど緊張することなく終わりました。

 そのあと15分程度、新入生のオリエンテーションがあります。学校での生活の仕方や、クラスでの学び方について簡単に説明を受けたら、自分のクラスにテキストを持って向かいます。

 

学校の雰囲気

f:id:twinkle-libra:20190209164151j:plain

 1限目と2限目の間に30分のブレイクタイムがあります。学校は比較的小規模でしたが、ロビーに出てみると生徒がたくさん!

 2週間滞在していた感じでいくと、イタリア人(マルタから近い)スペイン人ブラジル人コロンビア人トルコ人韓国人日本人でほぼ構成されている様子。たまにロシア人や中国人、ポーランド人を見た程度です。

 ご存知の通り、スペイン人に限らずコロンビア人やブラジル以外の南米の方はスペイン語を話します。しかもブラジル人に聞いたところ、ポルトガル語話者はスペイン語を理解できる(逆もまた然り)そうです。なので、南米・スペイン・ポルトガル人はグループを組んでいることが多かったです。そして韓国人は韓国人同士、トルコ人トルコ人同士でグループを組んでいるため、日本人一人だと、どのグループにも属せず、結果的にクラスでは独り浮いたような状態が2週間続き、とてもつらかったです。

 この記事を見てわかるとおり、留学は楽しいだけではありません。。それをご理解いただければ幸いです。

 

 授業の様子や、後半に入学してきた中国人のことについては、別記事で取り上げたいと思います。

 

 では!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(女性)へ
にほんブログ村