One Little Voice

Your voice makes us happy!

マルタ留学② ~行き先の決め方~【30代女子の挑戦】 【サンジュリアン】

こんにちは、cocoです。

 

帰ってきてからもう4日なのですが、未だ時差ボケがぬぐい切れません(笑)日中眠くて夜中に何度も目が覚めますが、一日一日もったいないので、日々こうしてブログを書いたり、色々なレッスンに行ってみたり。

日曜日は突如としてVBAの講習会に行ってきます(笑)

仕事してる時から勉強したかったんですよね。Excel触れるけどデータ処理苦手だし、本を読んでもなんか今一つぱっとしなかったので、これを気にお金を払って授業を受けてくることにします!!

 

余談になっちゃいましたが、今回は行き先の決め方について記事にしたいと思います。最後に「どうしてマルタにしたのか?」という理由を簡単に書いていきたいと思います。よろしくおねがいしまーす。

 

f:id:twinkle-libra:20190213001237j:plain

 

 

留学先の絞り方

いくつか絞り込むための方法がありますので、紹介したいと思います。

①イギリス英語vsアメリカ英語

 留学っていうと、一般的には英語の留学ですよね。英語と言っても実は、イギリス系の英語とアメリカ系の英語が存在します。

 ◆イギリス英語・・・ 

  イギリス、オーストラリア、ニュージーランドアイルランド、マルタ 

 ◆アメリカ英語・・・ 

  アメリカ、フィリピン

 

 イギリス英語はスペル通りに発音するようなイメージで、アメリカ英語は流れるような発音となります。とはいいつつ、同じ国のなかでもイギリスの北部に行くと、やはり方言があります(極端なことを言うと、ロンドンは標準語で北部は東北弁)。またオーストラリアはオーストラリア訛りが結構あるとの噂ですよね。

 

 実際に私はマルタに行ってみましたが、マルタには独自言語のマルタ語が存在します。ですので、バスに乗ってみると表示がマルタ語と英語の併用となっています。先生がマルタ人だと、やはりマルタ語訛りの英語となってしまうようですね。幸い、私の先生はイギリス人でしたので、あまり訛りは見受けられませんでした。

 訛りのない英語で勉強してみたいのであれば、やはりロンドンかアメリカ(ロス、ニューヨークあたり?)もしくは比較的英語の聞き取りやすいカナダがおすすめだと、うちのエージェントが話しておりました。

 

私は、2週間というショートステイだったこともあり、あまり気にせずに決めました。英語を勉強しにくる学生は、ネイティブではない(欧州、南米、アジア人)ため、逆に綺麗じゃない英語に慣れることができたかなぁと思います。

 

【補足】

*どうやらカナダはスペルがイギリス発音がアメリというミックスの国のようです。参考にさせていただいたURLはこちらです↓

https://www.iss-ryugakulife.com/usefulinfo/english/

 

*イギリス英語vsアメリカ英語に関する動画

 私はこれ数回見てますが、腹抱えて笑いましたwイギリス英語のめんどくさい言い回しがお気に入りです。(っていうか、ハリー杉山がめんどくさいだけかw)


特集「これ、英語で何て言うの?アメリカンVSブリティッシュ」 ①

 

②費用

 次に留学するうえで、やはり気になるのは費用。為替レートの観点、生活費や物価の観点で検討しましょう。私がエージェントから聞いた、おおよその物価比較を以下に記載します。(2018年10月現在)

※エージェントによって、多少変わることがありますので、あくまでも参考程度にしてください。

 

<主要国>

 ①ロンドン(中心街) > アメリカ国内 ≒ ③イギリス国内(ロンドン中心街以外)> ④オーストラリア > ニュージーランド ≒ ⑥カナダ >>> ⑦フィリピン

 

<ヨーロッパ圏内>

 ①イギリス >>>>>> ②マルタ > ③アイルランド

 

 見ての通り、やはりロンドン中心街は物価が高いです。CAをしながらイギリスに住んでいるYoutuberのchiakiさんも、ロンドン中心街の物価は高いとお話しされていました。


イギリス英会話[#17]☆英語を学ぶ方法、イギリスの物価について

 

 1年程度の長期間で行く場合、費用で決めるのであれば、私はオーストラリア、もしくはカナダがよいと思っています。理由は国土が広いから(笑)

次点はニュージーランド。お隣に素敵なオーストラリアがあるし、南太平洋には素敵な国がたくさんあるので、気軽に旅行できるっていうメリットもありますね。あと、オーストラリアとニュージーランドは欧米に比べて時差が少ないのが魅力の一つ。治安の良さもありますので、おすすめだと皆さんが言ってました。 

 

 私が行ったマルタは非常に国土が狭いため、1年いると飽きてしまいます。 その代わり、近くにヨーロッパ、トルコ、北アフリカがありますので週末旅行は可能です。同じクラスの子たちも、週末を使って旅行に行っていました。

 マルタの物価については、さほど安さは感じませんでした。安いのはバス代くらい(笑)フルーツも日本だったら100円で買えるものも、1.5倍以上したなぁというイメージです。とはいえ、めちゃめちゃ高くはないので、生活するには不自由もないので、良かったかな、と思います。

 ぶっちゃけ、2週間のショートステイだったらほとんど旅行に近いところもありますので、あまり気にされず、行きたい場所を感覚で選んでもよいかなって思います。

 

③治安

 特に女性の方でしたら、治安については不安に思うところがあるのではないでしょうか?

 基本的に世界で治安が悪いと言われているのは、東南アジア、西アジア、アフリカ、南米、ヨーロッパの都市部です。ですので、英語留学候補に挙がるフィリピンの本土(マニラ)は比較的危険だと言われています。ですが、フィリピンのなかでセブ島はリゾート地でも知られており、韓国系・日系の学校がたくさんあるので、安心だと言われています!

※私の前職の同僚の女性がフィリピンのマニラで1年弱修行されてましたが、マニラにあるオフィス街を出ると、おっと引いてしまうような街が広がっており、貧富の格差を目の当たりにされたとお話しされていました。しかしオフィス街は比較的治安もよく、過ごしやすいそうです。

 

 アメリカについては、最近トランプ大統領が大暴れしているせいで、移民問題や銃規制問題でもめています。バーやコンサートでのテロも普通にありますので、行く方は本当に用心された方がよいかと思います。

個人的にはアメリカにお世話になることはもうないと思っています・・・(一度出張でアメリカに行きましたが、入国審査で3時間待ちだったので、もう行きたくないw)

 

 ロンドン市街地はわかりませんが、ヨーロッパ(特にパリとローマ)ではスリが横行しています。これまた私が昔、フランスに出張した際に、パリの駅で客2名がスリに会いました(今後も語り継がれるであろう件)。Youtuberさんでも、海外に行くと昼間にも関わらず平気で数人の集団に囲まれ、カバンを引っ張られたことがあると言っていました。(確か関根りささんだったような気がします)ヨーロッパは観光地と駅にご用心です。

 

 私がいったマルタは、結果的に超安全でした。数日前のブログで記載した通り、車の往来は激しいので、交通事故の可能性はありますが(最終日に1台ぶつけてたw)、夜間の一人歩きも全く問題なし。いろんな人種の方が行き交うリゾート地だな、と改めて感じました。

 

 とはいえ、日本と異なる国で生活するためには、常に危機感をもって生活する必要があります。大通りを避けて歩く、夜間の女性一人歩きをしない、財布はその場でカバンに仕舞って外に出る、レストラン等でカバンを放置しない、など基本中の基本ルールは守るようにしてください。TAXIもぼったくりしてきますので、お気をつけて!

 

④気候

 わたしの中で、気候は最重要項目だと思っています。暑いのが好き、寒いのが苦手、いろいろな方がいらっしゃいますよね。気候は体調を左右します。あなたがもっとも得意とする気候を選びましょう!

 わたしはケッペンの気候区分が好きという変わり者なので、ずっと西岸海洋性気候(Cfb)の地域に住みたいと思っています。

 あの、本当に暑いの苦手で。寒いのは我慢できるんですが、暑いのは本当に無理なんです。汗かかないので、めまいと頭痛で死にそうになるんです。なので、1年くらい行くのであれば、夏あまり暑くならない地域にしようと思っていました。

夏があまり暑くなく、冬は日本と変わらない地域でいくと、ロンドン・カナダ西部(バンクーバー)、ニュージーランド、オーストラリア東南部となります。逆に暑い地域は、オーストラリア北部、フィリピン、マルタの夏(酷暑)、アメリカの西海岸ってところでしょうか。寒い地域はアメリカ・カナダの東部になります。

 個人的には、Cfa(温暖湿潤気候)よりCfb(西岸海洋性気候)が過ごしやすいので長期滞在はCfbを選択したいところです。ショートステイでも結果的にCsなんだけどマルタの冬を選択しましたので、非常に過ごしやすかったです。

 

 マルタは先ほども書いた通り、Cs気候です(地中海性気候)。Csは夏からっとして暑く、冬は温暖で雨が多くなります。気温も朝は10℃程度、日中晴れると18℃程度です。逆に夏は35℃以上が普通で、遮るものもないため、熱中症と日焼けにご用心です。

 今回のマルタ滞在でも、ほとんど毎日のように雨が降っていました。ですが、先生曰く「今年の冬はおかしい」とのことで、2~3日からっと晴れて、2~3日雨が降るのが普通のマルタの冬だそうです。今年(特に私が滞在していた2週間)は、一日のうちに何度も雨と晴れが変わるし、しかもたまに雹が降ってました

 

 わからないけど、私がマルタに行ったからかな(笑)そんな噂がまことしやかに囁かれておりましたな(笑) 

 

ちなみに韓国人は雹を見たことがないんですって!韓国は寒いか暑いかしかないので、冬になると雪しか降らないんでしょうね。

 

わたしがマルタを選んだ理由

 長々と記事を書いてきましたが、マルタを私が選んだのは旅行気分を味わいたいからです。

 

えーーーー!wwwwwwまさかのwwww

 

というのもショートステイだし、観光を兼ねてゆっくりと自分軸を立て直したかったのであまり大きくない国に行く予定でした。でもこれだけは譲れなかった。

暑い国に行きたくない。

 

結果的に④が私の留学を左右したようですwあと③の治安もありますね。

 

冬の留学は12月などのクリスマスバケーションを除くと、航空券も含めて費用が安くなりますし、お得感がありました。オーストラリア・ニュージーランドは南半球になりますので、今の時期が高いのかなぁと思っています。


自分の留学期間、体調、何を学ぶのかを総合して決めてほしいので、私のブログが少しでも参考になればうれしいです。

ぶっちゃけ海外遠征組が知り合いに多いので・・・

 

最後に

 そういえば、インドと南アフリカって、アメリカ系なのかイギリス系なのか、どちらなんでしょうね(笑)インドに行ったことがある人、教えてください!!!

 

 

ケッペンの気候区分が知りたい方は、Wikipediaさんを頼りましょう!

ja.wikipedia.org

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(女性)へ
にほんブログ村