One Little Voice

Your voice makes us happy!

日々の英単語まとめ ~海外サイトでネットショッピングをしてみたい編~

こんにちは。

日々何気なしに利用しているオンラインでのお買い物。みなさんは海外の通販サイトを利用したことがありますか?日本のAmazonではたくさんの商品が陳列されていますが、実は米国Amazonで買った方が安かったり、米国Amazonでしか売ってない商品があります。そんなとき、あなたはどうしますか?

 

ある人は、「う~ん、海外サイトでショッピングなんて、ちょっと怖いなぁ」

またある人は「何書いてあるかわからないしなぁ」

 

なんてちょっと怖気づいてしまいますよね。

そんなときのために(自分の後学のために)いくつか英単語をピックアップしてみます(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

まずは、米国Amazonへ。 

Amazon.com: Online Shopping for Electronics, Apparel, Computers, Books, DVDs & more

※まったく関係ありませんが、セキュリティがしっかりしているホームページは「https://」と始まります。sはセキュア(安心)の意味です。

 

 

====================

 

たとえば、iPad 2018年春モデルを買いたいとします。

ここで「See product details」というボタンが出てきますね。

これは「製品(または商品)の詳細情報を確認する」という意味です。

 

 

 

f:id:twinkle-libra:20190111150646p:plain

 

 

次に詳細画面を開くと、商品のページが出てきますね。そしてなんかいっぱい書いていますね。説明文になります。大概の人は、ここで挫折します(笑)

TOEICなどで高得点出す方は、こういう日々の英語から勉強しますので、挫折しません。何事も勉強です。

 

f:id:twinkle-libra:20190111150959p:plain

 

一番上の行で Comes with a 90-day warranty. と掛かれています。

90日間の保証がありますという意味です。Warrantyはよく出てくる単語ですので、覚えておかれるとよいかもしれませんね。

(ちなみに前職はシステム屋でしたので、こういった単語はよく目にしています)

 

 

そして以下の文章ですが

「Renewed products are pre-owned products not Apple certified but have been inspected and tested by Amazon-qualified suppliers.」

 ⇒ リニューアル製品は、Apple社の証明を受けていない中古品ですが、Amazon保証しているサプライヤにて検査テストを実施しています。

 

CertificateやQualificateもよく出てくる単語です。

Certificateは卒業証明だったり、ある公的機関から受け取る合格証明書だったり、ちゃんと文書で証明するときに利用されます。(動:Certificate 名:Certification)

QualificateはCertificateとは違い、正式な文書はないけれども保証している状態だったり、能力がありますよ、という意味だそうです。

 

参考にさせていただいたURL

english.wwwinc.jp

 

ちなみに、Inspectは捜査、調査、検査といった意味になります。

海外で捜査官はInspecterというそうですよ☆

 

 

<今日のおさらい>

See    ・・・ 見る、確認する

Product  ・・・ 製品、商品

Details  ・・・ 詳細、明細

Warranty ・・・ (製品などの)保証

Certificate ・・・ (卒業・資格等を)証明する(文書あり)

Qualificate ・・・ (能力・経験等を)証明する(文書なし)

Inspect  ・・・ 検査する、調査する

 

では!!

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(女性)へ
にほんブログ村