【長所の見つけ方】「自然とできること」があなたの長所。長所とは「人よりも抜きんでた特技」ではないのだ!

f:id:twinkle-libra:20190706002055j:plain


 みなさま大変ご無沙汰しております。お元気でしたでしょうか?

 

6月の後半からひどい頭痛と貧血に見舞われ、つらい状態が続きました。病院で改めて脳と耳の検査をしました。しかし、結果は異常なし。「異常なし」は有難いことですが、原因がわからず対策の打ちようがないとも言えます。しかし、日が経つにつれ少しずつ食欲も戻ってきましたので、無理のない範囲でブログを再開していきます。

 ブログの更新ができない間、変わらずご訪問いただいた皆様へ、大変感謝しております。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 本日は長所についての話題です。通勤がつらく、しばらく自宅勤務をしておりましたが、先日久々に職場へ出勤しました。その際に「あ、これが私の長所だな」と感じる気づきがありましたので、シェアしたいと思います。

 

 

経緯

 現在はNPO/NGOと言われる職場でお仕事をしています。このような団体は収益を上げる会社・企業とは違い、会員様からの寄付や講演会での登壇、助成金の取得によって成り立っています。

 毎年、これらの助成金や寄付をいただこうとすると、自らの活動・社会貢献度をアピールしていかねばなりません。その作業の一環として、ニュースレターやチラシを作り、寄付をしてくださる会員様に郵送をする作業が定期的に発生します。(その他議員さん、政府関係者、弁護士、他団体などにも配布します)

 先日は偶然にも定期ニュースレターの発行があり、1000名近い方へニュースレターを送る準備をしていました。

 

 ①ニュースレターを折る

 ②封筒に入れる

 ③宛名ラベルを貼る

 ④封をする

 

 作業自体は非常に単純で誰でもできる作業です。もちろん1000通を一人で作業したわけではありませんよ(笑)5名程度で分担しながら作業をしていました。

 

長所だと感じた点

 黙々と、他の人は雑談しながら進む作業。ベテランの方は折り方もきれいだし、作業も早くてすごいなと感じていました。私は慣れていない分(あとまだ体調がよくなかった)、スピードが遅くて申し訳ないなぁと思いながらノロノロと作業をしていました。

 

そのとき、ふと全体を見渡しました。

 

 「あの人、もう少しで冊子がなくなるな」

 「あの人は次、封筒が切れるな」

 「机に封筒が増えてきたから整理しよう」

 「あの人に封を集中してやってもらおう」

 

気が付くと、他の人が作業しやすいように(手を止めなくていいように)足りないものを目の端で追いかけながら、補充したり整理をするようになりました。

 

 「cocoさんよく見てるね~ありがと~」

 

そう言ってもらえて、とてもうれしく感じました。と、同時に「これが私の長所だな」と感じたのです。そう、私の長所は視野が広いこと。改めてそれを感じた瞬間でした。

 

長所≒特技ではない

 私を含めて多くの方は、「長所は特技と同等であり、人よりも抜きんでたスキルと思いがち。確かに特殊スキルは長所です。しかし、本当の長所というのは自分でも気が付かないくらい些細であり、自然とあなたができることなのです。

 

そしてその長所は、ふとした瞬間に現れるのです^^

 

 長所ロスの皆さん、あなたの長所は毎日の自然な所作に出ています。だから無理に探したり、長所がないと落胆する必要はありません。あなたの中にある長所は、この世界中の誰かのために自然と役に立っている、それをお忘れなく!

 

 ではまた次の更新でお会いしましょう!