One Little Voice

Your voice makes us happy!

初めてのメモリ増設!なのにパソコンが立ち上がらず…Amazonに返品します。

こんにちは、cocoです。

 

タイトルの通りですが、人生で初めてのメモリ増設をしてみたところ、購入したメモリが正常に動作せずパソコンが立ち上がりませんでした(笑)仕方がないので、これまた初めてのAmazonへの返品をしてみるログになります。

 

 

メモリ増設前準備

増設の対象

 私がいまこの記事を書いているパナソニックレッツノートではなく、昔から持っているdynabook T45シリーズです。主な用途はiTunesとDVDの視聴です。(レッツノートはドライブがありません)

 

dynabook.com

kakaku.com

 

f:id:twinkle-libra:20190519144944j:plain

 

 写真右下のCPUを見て、ダメPCとお分かりになると思いますが、とっても低スペックです。しかもメモリが4GBしか積まれていないため、エクスプローラーの起動に1分以上かかっており、最近は利用から遠ざかっていました。

 そこで、とりあえずメモリの増設をすれば、少し良くなるのではないか?と思い、4GBのメモリを買いました。

 

使用メモリ調査

 このDynabookで使っているメモリの調査を行いたかったので、以下のブログの記事を参考に「CPU-Z」というソフトを利用しました。

tamashii-yusaburuyo.work

 

 利用した結果がこちら。

f:id:twinkle-libra:20190519162701p:plain

 

ここから、現在刺さっているメモリはサムスン製で「DDR3・PC3-12800の4GB」が使われていると認識。電圧は1.35Vです。公式HPにも以下のように載っています。

 

f:id:twinkle-libra:20190519152908p:plain

 

ここでDDR3Lとか、PC3LのLは低電圧版(1.35Vのこと)を指すようです。

 

購入したメモリ

 ということで、上記の情報からPC3L-12800(DDR3L-1600)の4GBを購入することにしました。同じサムスン製のものがいいかと思って、Amazonで検索。電圧は1.35Vと1.5V両対応にしてみました。(※おそらくこの判断が仇になったと思われる)

 

f:id:twinkle-libra:20190519153825p:plain

 

 

メモリ増設開始

 メモリが届いたので増設を開始します。

f:id:twinkle-libra:20190519160646j:plain

 

パソコンの電源を切り、裏向けます。

f:id:twinkle-libra:20190519160830j:plain

 

この右側のネジを外し、蓋を取りますが、この蓋が思ったよりも硬くて爪が割れそうでした。爪を切ってから開けることをお勧めします。

 

f:id:twinkle-libra:20190519161359j:plain

 

下のスロットが開いていたので、装着。

f:id:twinkle-libra:20190519162503j:plain

f:id:twinkle-libra:20190519162607j:plain

 

これで装着は完了。しかし、このあと電源をいれましたが、黒い画面のまま、TOSHIBAのロゴも出ずの状況が続きました。元から刺さっていたメモリの場所を変更したら立ち上がる。うん・・・購入したメモリが悪いようだ・・・

 

なんかやらかした(;'∀')

 

原因分析

 最初、どちらのスロットでも反応しなかったので、メモリの初期不良を疑いましたが、ネットで色々探って要約するとこんな感じ。

  • 最近のパソコンは1.35Vが主流になってきている。今回のDynabookも1.35V対応のマザーボードを使用している(※推測)。
  • 今回は「PC3-12800(DDR3-1600)対応(1.5V)」のメモリで、1.35Vにも対応できるメモリ購入。

 

 つまりパソコンと、既に刺さっているメモリは1.35V対応で、追加しようとしたメモリは1.5V対応(一応1.35VもOKなんだけどな…)だから、齟齬が起きている。1.35V専用のメモリを買わなければならなかったのではないか?と考えました。

 

返品する

いずれにせよ、このメモリでは動かないので返品することにしました。

参考にさせていただいた記事はこちら。

mag.app-liv.jp

 

①Amzonの注文履歴から商品の返品を選択

f:id:twinkle-libra:20190519171558p:plain

 

②返品する商品を選択

 返品理由を選択後、具体的な理由を記入後「次に進む」。

このときは初期不良だと思ってたので、こんな書き方をしています。

f:id:twinkle-libra:20190519171831p:plain

③返金方法を選択

 カードだと返金が遅いようなので、ギフト券で返金してもらいます。

f:id:twinkle-libra:20190519172045p:plain



④内容の最終確認

 返金先の住所(デフォルトでOK)を確認後、「返送手続きを開始」

f:id:twinkle-libra:20190519172218p:plain

 

⑤返送の手続きが開始

 以下の画面に切り替わり、メールが送られてきます。

 

<画面の内容>

f:id:twinkle-libra:20190519172333p:plain

<メールの内容>

f:id:twinkle-libra:20190519172717p:plain


 

⑥指示したがって印刷する

 この画面の「返品用ラベルと返送手順を表示・印刷」を押下します。

 f:id:twinkle-libra:20190519172333p:plain

 

こんな感じの印刷が出るので、下半分の返品受付IDを製品と同梱して上半分の住所に返送します。

f:id:twinkle-libra:20190519173040j:plain

 

⑦発送

 今回はメモリ1枚だけだったので、定形外郵便で発送します。プチプチのついた封筒に先ほどの紙を入れました。住所は手書きです。

f:id:twinkle-libra:20190519173218j:plain

 

⑧入金(Amzonギフト券)される

 ポストへ投函した3日後に返品の受付が完了したとメールが届きました。

f:id:twinkle-libra:20190525181322p:plain

なぜか、購入金額よりも多く戻ってきていますね。

ギフト券の履歴を見ると・・・

f:id:twinkle-libra:20190525181546p:plain

 

500円分多く戻ってきています。ネットで理由を探ってみるも見つからず。

推測にはなりますが、初めての返品で初期不良だった(かどうか本当はわからないけど)から、多めに返って来たんでしょうか。いずれにせよ、切手代の元が取れたので、 こちらとしてはラッキーでした^^

 

まとめ

 ということで、メモリの初期不良なのか、そもそも1.35Vと1.5Vの両対応メモリを買ったのが悪かったのか、本当の原因はわかりませんでしたが、初めてのメモリ増設は失敗に終わりました。もし、本件について詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひ今回の敗因を教えていただきたく思います。

 

余談

 ちなみに、今回役に立ったドライバーがこちら。家にあるドライバーは先がつぶれていたため、力を入れても微動だにしませんでしたが、このドライバーは少しの力でネジが回りました。(左回しで外れます)最近買ったもののなかで、一番よかったです。

 

 

f:id:twinkle-libra:20190519173821j:plain

f:id:twinkle-libra:20190519173922j:plain

 

マイクロドライバー No.9900(+0×100) | ドライバー | ハンドツール | 製品情報 | 株式会社ベッセル

 

<2019.06.09追記>

再チャレンジしました!

 

www.onepetitvoice.com