One Little Voice

Your voice makes us happy!

ジョブカードを作ってみよう

こんにちは、cocoです。

 

短期留学から帰ってきて、身の振り方を考え2週間以上が経ちました。色々な方に相談し、検討に検討を重ねた結果、就職活動の方へ身を振り始めることに決めました。そこで、まずは自分のキャリアの棚卸をすることにしました。

今日はそんなときにお役に立ちそうな「ジョブカード」に関する記事を書いてみたいと思います。

 

ジョブカードとは

概要

 ご存知ない方の方が多いと思いますが、ジョブカードとは、厚生労働省が提供しているキャリアアップや就職活動をする人向けに開発された制度のことです。転職活動をされる方はもちろん、これから就職しようとされている学生さん、職場でキャリアアップしたいけど、どうすれば良いか悩んでいる方でも使うことができます。

 

厚生労働省のホームページから抜粋】

 個人のキャリアアップや、多様な人材の円滑な就職等を促進することを目的として、ジョブ・カードを「生涯を通じたキャリア・プランニング」及び「職業能力証明」のツールとして、キャリアコンサルティング等の個人への相談支援のもと、求職活動、職業能力開発などの各場面において活用する制度です。 

 

www.youtube.com

 

 要は今の自分の能力を棚卸し、今後のキャリアプランニングに利用できる制度なのです。私は自己棚卸はよくするのですが、アピールが苦手(内向性の人あるある)なので、ハローワークからこのジョブカード制度を紹介してもらったときから興味を持っていました。

 

ジョブカードは誰でも使えるのか?

 ジョブカード作成ツールは以下のホームページで取得可能です。お使いのパソコンにツールをダウンロードしたり、インターネット上で作成することも可能です。転職時には職務経歴書が必要になりますので、それを書くための材料としても利用することができます。※アプリもありました。

 

https://jobcard.mhlw.go.jp/carrerconsulting.html

 

ちなみにソフトをダウンロードし、立ち上げるとこんな感じ。

※さすがに国が作ってるシステムだけあって、あんまり使い勝手はよくないし、私だったらこんな設計しないだろうなぁと思います。

f:id:twinkle-libra:20190220185503p:plain

 

キャリアコンサルタントと相談できる

 このジョブカード制度、ジョブカードを作成したら専門のキャリアコンサルタントに見てもらうことができます。自分で作って完結してもよいですが、他人の指摘や意見が入ると、より良いジョブカードになると思いますので、可能であれば利用しましょう。

 私はハローワークで初回講習会をうけたときに、「キャリアコンサルティングをしています」という方から案内用紙をいただきました。その案内用紙に記載されているホームページから予約をしました。 

jobcard-stm.com

 

おそらく全国対応ではなく、ホームページに記載のある都道府県のハローワークと提携されている会社だと思います。

f:id:twinkle-libra:20190220190711p:plain


わたしはエリア内でしたので、ここから個人情報を入力してぽちっと予約しました。予約時は住所氏名、生年月日、電話番号等で事足ります。あと希望日時を入れることができます。対象都道府県、対象ハローワークで予約可能な曜日が異なっているようです。

 Web予約したあと、1時間以内に担当の方からお電話をいただきました。電話口で、「指定した時間に予約が取れない」と言われたので、別の時間帯にずらしました。求職中もしくは在職中かどうか、ジョブカード申し込みのきっかけを少しだけ聞かれましたが、簡単に答えられるものでした。

 

ジョブカードを作成する

 キャリアカウンセリングを受けるまでに、ジョブカードを準備しておく必要があります。ダウンロードバージョンの場合、以下のような画面が最初に表示されますので、「ジョブ・カードを作成する」を押下してください。

 

f:id:twinkle-libra:20190220230421p:plain

 

しばらくすると、以下のような画面に切り替わります。

f:id:twinkle-libra:20190220230617p:plain

 

 私は個人・かつ社会人バージョンを作成するため、システムの<個人の方へ>の一番上に当てはまります。(学生の方は次の枠の「就業経験のない方、学卒者、学生の方の方に進む」)

説明を読むと、キャリア・プランシートを作成する前に、

 (様式2)  職務経歴シート

 (様式3-1)職業能力証明シート(免許、資格)

 (様式3-2)職業能力証明シート(学習歴、訓練歴)

を作成する方が棚卸ができてよいそうです。

 

 一番時間がかかってしまうのが(様式2)の職務経歴シートですが、3時間ほどあれば作成することができました。様式3の2つについては、さほど時間はかかりません。

 

システム上で保存⇒編集のため再呼び出しも可能です。

(勝手にこんな感じの構成で保存してくれるのはありがたい!)

f:id:twinkle-libra:20190220231105p:plain

 

 

ということで、作ってみたジョブカードで、近日中にキャリアコンサルタントと会話してきます。次回をお楽しみに!!