One Little Voice

Your voice makes us happy!

マルタ留学⑩ ~カターニア事件①~【30代女子の挑戦】 【サンジュリアン】

こんにちは、cocoです。

 

今日からマルタ留学の箸休め?「カターニアに行ってきた編」を開始したいと思います。カターニアも長くなりそうなので、ちょっとずつ更新していきますね。

 

f:id:twinkle-libra:20190305140159j:plain

 

 

カターニアとは

 まず、カターニアってどこにあるの?というお話。カターニアはイタリア「シチリア島」にある東部の都市です。マルタからは飛行機で片道1時間程度です。マルタとシチリア島を比べると大きさが全然違いますよね。 

シチリア島ではカターニアは第二の都市と言われていますが、ローマやベネチアのような大規模都会みたいなイメージではありません。漁港が広がる田舎です。

 

 

カターニアよりも少し北の方に有名なエトナ火山があります。カターニアからエトナ山ツアーなんかも出ているようです。エトナ山については、Wikipediaに載っていましたので詳しくはそちらを参照していただきたいのですが、概要だけさらっと書きます。

エトナ火山(エトナかざん、Etna)は、イタリア南部シチリア島の東部にある活火山。ヨーロッパ最大の活火山であり、アルプスを除いたイタリアでは最も高い山である。イタリアにある3つの活火山の内では飛び抜けて高く、2番目に高いヴェスヴィオ山の3倍近くもある。

 ヴェズヴィオ火山(ポンペイ遺跡で有名な火山)の3倍もあるってすごいですよね。

 

ja.wikipedia.org

 

今回の旅程

 今回は留学2週間のうち、1週目の金曜日から日曜日にかけてカターニアに行ってきました。金曜日の夜に飛行機でマルタ⇒カターニア土曜日の夜にフェリーでカターニア⇒マルタの予定です。 

 まゆみさんと相談して(というかベースの旅程はほぼ、まゆみさんにお願いしてた。ありがとうございます)飛行機とフェリーはまゆみさんが予約、金曜日のホテルは私が予約しました。予約したのは1週目の火曜日か水曜日だったと思います。

 

外国人からの電話連絡事件簿

 カターニアへぷち旅行の段取りが終わり、木曜日の授業の後、お昼ご飯を作って一息ついていたとき、妹から突然LINEが入りました。

 

「なんか外人から電話かかってきた!!!!( ;∀;)」

 

このとき日本は夜21時ごろ。どうやら2回ほど外国人から私の実家へ電話が入っていたようなのです。1回目は外国人女性から。母親が電話に出て、「◎◎(私のFirst name)Please」とひたすら聞かれたので、

母親は「◎◎ go to Malta!!!」と必死に応戦(笑)

突然外国から電話が掛かってきたため、私がマルタで倒れたのだと勘違いしたらしく、プチパニックになり「◎◎ sick!?」(病気なったん!?)と聞くと、相手の外人さんは「No No」と言って電話を切ったそうです。そりゃ慌てるわな(笑)

 

そして2回目。2回目は妹が出ました。今度は男性です。同じようにマルタに行ったということを伝えると、どうやら携帯の番号を教えてと言われたらしく、素直に私のケータイ番号を教えたら「Thank you」といって切ったそうです。しかし残念なことに、私の日本のSIMは使えないようにしていたので、ケータイにもつながらない(笑)

 

蓋を開けてみると実家への電話はカターニアのフェリー会社から「天候不良のため土曜日のフェリーがキャンセルになった」との連絡でした。後で聞いたら、妹が出た電話で担当者が「Mayumi」と言っていたらしく、合点がいきました。(なんかMayumiって言ってた・・・みたいなw)結局まゆみさんの方にメールで連絡が入っていたので事なきを得ました。

 

なんでこんなことになったかというと、フェリーの予約のとき、マルタ側の電話番号も持っていたんですが、滅多に電話なんか掛かってこないだろうとタカをくくっており、適当に実家の電話番号を入れておいたのです(笑)まさかこんな事態になるとは思ってませんでした。

しかもどうやら最初の電話では、英語じゃなかったと母親が言ってたので、最初はイタリア語で捲し立ててたのかなーって思います。イタリア人そういう点で配慮がまったくないんで(笑) 母と妹に平謝りでした。ごめんごめん(笑)

 

実はこの日、私のマルタのSIMの方に見知らぬ番号から電話が掛かっていたので、実家に掛かってた電話を含め「カードが不正利用された」っていう緊急の電話なのかな??とちょっと疑っていたのですが、それはそれでただの間違い電話でした(笑)やめて(笑)

  

母親はこの件を受けて「もう英語なんか勉強するか!!!!」と怒ってたそうです(爆笑)

 

結果土曜のフェリーがキャンセルになり、日曜日の早朝出発になったため、カターニアで2泊(金曜・土曜)することになりました。

 

このとき、実家の電話騒動で何も問題が起きなかったので、すっかり安心しきってカターニアへの旅行を楽しみにしていたのですが、まさかこの後も想像を絶するような事件が起ころうと夢にも思っておりませんでした。

 

このフェリーキャンセル、、ただの序章にすぎなかったのです・・・

 

つづく(笑)

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村